スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古き良き時代

 仕事柄朝が早いこともあり、先日、ファーストフード店でおにぎりとみそ汁を買い、店内で朝食をとりました。
おにぎりは店で作ったものらしくラップで包んであり、
パリパリののりがセットされているコンビニのものとは違い、湿ったのりで巻かれたものでした。
食べてみると、何か懐かしい味がしました。
私は、富山県氷見市生まれで、岡山まで電車で年何回か通っており、朝4時ごろに実家を出るときには、
母がアルミホイルで包んだおにぎりを持たせてくれ、人目を気にしながら電車の中で食べた記憶がよみがえってきました。30年前のことです。
6月29日(土)は、徳山花市場の新社長就任式に出席するため周南市に行き、そのついでに翌日、周防大島に行ってきました。

 syacyo1.jpg

周防大島には、文化人類学者の宮本常一先生の記念館があり、以前から入館してみたいと思っていたので今回立ち寄ってみました。

 syacyo1.jpg

 宮本先生は、渋沢敬三氏や柳田国男氏の命を受け、日本全国を旅して古い農具や漁具を収集し、また各地に伝わる伝説や民話をもとに昭和初期の地方の人々の生活を記録した「旅する巨人」です。
 私は13年前、中国雲南省昆明市で3年間、花の農場を建設する仕事をし、自らも総経理としてそこで働いたことがあります。
その時、雲南省(人口4千万人)で在留許可を持って住んでいた日本人は、10名くらい居たのですが、ほとんどが夜になると日本料理店に集い一杯飲んでいました。
その中で龍谷大学のS教授と出会い、よく酒を飲みながら色んなことを教えてくださいました。
S先生は、宮本常一先生の最後の弟子で「日本人のルーツを探しに昆明に来ている。」とのことでした。
S先生の説によると、雲南省に住むハニ族の生活習慣が非常に日本人の昔の生活に類似しており、先生の考えでは、「日本人のルーツはここにある。」とのことでした。
 しかし、考古学では揚子江中域で日本のコメと類似した籾が出土していることから定説ではルーツは揚子江中域となっているが、住居・生活習慣や伝説からハニ族を日本人のルーツと証明しようとされていました。
幾日もハニ族の農村に入り、宮本先生じこみの調査方法で農村の地図を作ることから始め、そこに伝わる伝説まで念入りに調査されていました。
ハニ族は、棚田で一期稲作だけで生活を支えていたので貧しく、
裏作で「何かいい作物がないか」先生に聞かれたので、
当時私は、水が比較的豊富にあることからイグサをすすめたのを記憶しています。
昭和の良き時代の文化に触れ、子供の頃見た道具たちに久々に会った懐かしい思いがしました。
関連記事

新緑に思う


 昨日の山陽新聞のコラム欄に「山笑う」と出ていました。
休眠から目覚めた木々たちが新緑の若葉が萌芽する様子を言ったものです。
私は、毎年、山々の新緑を見て会社に出勤するのですが、
何かとてつもなく大きなものが吹き出る時のエネルギーを感じて、それが自分の体に伝わります。
そして、その葉のいろいろな形、色、枝の曲線美に心の安らぎを感じるいい季節になりました。

 先日、東京で花き業界の研究会があり、花店を多店舗展開しておられる社長が

「自然界にはいろんな形、いろんな線のものがあり非常に面白いが、
一旦家や会社のオフィスに入ると円と直線しかない。これでは心の疲れは癒されない。」

と言っておられました。
岡山に帰って自分の家や職場の部屋を眺めてみると、確かにほとんどが直線と平面でできています。
効率的に考えれば当たり前ですが、一方では、これが本当に人間にとって生活しやすい空間であるか疑問です。
私の仕事は、まさに家庭や職場にいろいろな形の花や植物を取り込み、
生活空間や殺風景な空間に変化をあたえることなのだと改めて感動がありました。
関連記事

吉備路マラソンに参加して

昨年末に65歳になる知人から「5kmを一緒に走らないか」と勧められて10歳も年下のわたしが別段断る理由も見つからないので承諾をしてしまった。そういえば30代のときには体重が70kgであったものが今では97kgまで成長している。このままで行くと0.1トンは目前にきている。そんな焦りもあり2カ月前からまずもって1時間/1日歩くことにした。5kmのランニングというところがミソで少し頑張れば少し背伸びをすれば何とかいけそうな気がした。これが10kmであれば当然今の私では無理なので練習をする気がしなかっただろう。5kmくらいがちょうどいい負荷のかけ方だったと思う。何につけても「少し頑張ればできる」こんな目標設定が大事なのではないだろうか。
2月24日(日)当日 会場に8時に到着し、まず大勢の人にびっくりした。健康ブーム、ジョギングブームすごいんですね。後で知ったのだが当日走った人は、1万8千人で参加者まで入れるとその3倍は集まっていたそうだ。9時50分にスタートのピストルが鳴り大集団がゆっくり走りだした。ゆっくり走っていたつもりだったが結構きつかった。街頭に応援にきている人たちに「がんばれ!がんばれ!」と声をかけられるとなんか不思議な気持ち、心地よい気持ちを久しぶりに感じた。何と表現してよいかわからないが「今自分を応援してくれている人たちがいる!」って感じですか。まっとにかく気持ちよかった。結局ゆっくり5kmを37分01秒で完走することができた。来年も走りたいが、今の心境は、総社市の片岡聡一市長に「来年は、ぜひ体重別マラソン大会を開催して下さい!」と言いたい。

~~ 沖縄にて ~~

2月5日(火)~7日(水)と3月お彼岸用花きの出荷会議が沖縄であり、岡山―那覇を飛行機で行ってきました。沖縄は、2年ぶりで前回行った時は、名護市の海岸沿いのホテルに宿泊し、3日目の午前中時間があいたのでホテル付近の野球場へ日本ハムの合宿練習を見に行くことにしました。球場に入ろうとしたとき横を見ると、私のすぐ横にダルビッシュ選手がいて私と並んで歩いていました。その時の印象は、顔が小さく身長は190cm以上もある大男で、横幅もがっしりしていて「これが人間なら俺は人間じゃない!俺が人間ならこいつは人間じゃない!」と思ったくらいあまりにも姿が違いすぎて同じ人類とは思えず呆れたのを思い出しました。
今回は、昨年2度も大きな台風(最大瞬間風速70m/s)に見舞われ、風害と塩害でキクの定植苗が被害を受けたのを聞いていたので、お彼岸の花が(特に小菊の生育が)ちゃんと出荷してもらえるか心配でした。現地を回ってみると、非常に生育がよく、例年以上に品質の良いものが収穫できそうで安心しました。半年前あれだけ災害に見舞われたにもかかわらず、ここまで生育を回復させていく沖縄生産者の苦労と努力を思うと頭の下がる思いです。「岡山に送っていただいた花はしっかりと大事に販売しなければいけない」という責任感を感じました。3日目は、恩納村のホテルに宿泊し、朝5時に起床して海岸沿い国道58号線を1時間半散歩しました。ブルーというより緑色の海、砂浜を歩けばサンゴが小石のようにいっぱい転がっている。沖縄東シナ海の潮風に吹かれながらの散歩は最高でした。花にかかわる仕事は、人に感動と癒し、季節感を与える仕事です。沖縄のこの自然の恵みを花と一緒に本土の消費者に伝えることができたらどんなに素晴らしいことか。これができたら皆にどれだけ喜んでもらえることか。花を作ったその土地の自然や風土、栽培した人の思い、その植物が本来もっている美しさを皆に伝えていくのがわたしの仕事であると改めて恩納村海岸で感じました。

新年ごあいさつ

皆様あらためまして新年あけましておめでとうございます。
昨年は、岡山田町にある蓮昌寺から当市場に花の供養塔を移設することができました。花業界で働く者の長年の願いがここに叶うことができました。これからは、花業界に属する人がこの塔に集い心よせる場所にしていこうと考えています。また4月1日には、中央卸売市場から地方卸売市場への移行を異例のスピードで果たせました。これは、岡山市をはじめ関係者の方々のご理解とご協力のおかげと心から感謝しています。今後地方卸売市場に移行して規制緩和されたことを大いに活用して関係者の皆様に喜んでいただけるよう新たなる市場取引を模索してまいります。
また、11月には、当市場内で地方卸売市場移行記念行事として「花の感謝祭」が開催されました。岡山市発表によると1万人の市民がご来場くださり活気ある祭典になり、また市民に開かれた市場をアピールする良い機会となりました。今後も花の消費宣伝と合わせて目で見えるかたちで市民に開かれた市場をアピールしてまいりますので以前と変わらず皆様のご指導をお願い致します。
12月には、衆議院議員の総選挙が行われ新たな政府が誕生しました。脱デフレ、景気回復を旗印に公共工事など様々な政策を打ち出しています。今のところ円安、株高に傾き景気回復の兆候が少しではありますが見え始めています。しかし、ここで重要なのは、私たちが花業界を右肩上がりにしていくためには他力本願ではなく私たち自身の力で立て直し新たな商品、新たなサービス、新たな取引を創り出していくことが重要です。新年に際しまして皆様と共に勝っていけるような市場を目指して邁進していくことを御誓いしご挨拶とさせていただきます。
プロフィール

okayamasogokaki-p

Author:okayamasogokaki-p
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。