スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の回復力

 私が野山で遊んだ昭和40年前半の頃は、
夏にオニヤンマ、ギンヤンマが飛びまわり、
夏休みにもなると食用ガエルを釣りに早朝家を出ると
夕方遅くまで1人で川や水路を駆け巡り帰らなかったものです。
私の幼少の頃は、今から思うと自然に育てられた様な気がします。
ちょうどその頃、イタイイタイ病など公害問題や農薬問題も
クローズアップされ、食品ではチクロなどの人口甘味料も
問題になり始めた時代でした。
水の汚染やPM2.5大気汚染など問題になっている今の中国と
同じような時でした。
それからしばらくして水田にはヤゴ、ゲンゴロウ、タニシなどの
水生生物が見られなくなってしまいました。
30年ほど前から環境アセスメントや生態学が脚光をあび、
農学を勉強するものはほとんどこの関係の研究をする傾向に
あった様に思います。

 今、国民皆協力しての成果で自然が回復しつつあります。
私は、笠岡湾干拓地に住んでいますが、
朝公園を散歩していると紫や白のすみれが咲き、
天高く雲雀が鳴いています。
また、先日など北の空へ白鳥が3羽飛んで行くのにも出会いました。
11月にはシベリアからタゲリという渡り鳥が毎年飛んで来ます。
夜に車を運転していると自然のキツネと出会うこともよくあります。
鳥獣保護区に指定された土地だからこその自然力回復なのだと
思いますが、それらと出会うと何か感動します。

 昨日私が所属するライオンズクラブで
カブトガニ生息地に貝や穴ジャコを採りに来て
カブトガニの産卵地を破壊する人たちがいるので、
カブトガニ産卵地を保護する啓発運動を行いました。
随行者でカブトガニ保護センターの学芸員の方が
海岸から10mほど離れた所から

「あそこにカブトガニがいます。」

とそっと取り上げた時の写真です。

カブトガニ

 産卵から4年経っているそうです。
古代からの生き物なのですぐには復活しませんが、
毎年自然に見つかる個体数が増えているそうです。
次代を担う子供たちのためにも
自然を大事にしていかなければなりませんね。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

okayamasogokaki-p

Author:okayamasogokaki-p
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。