スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~~ 沖縄にて ~~

2月5日(火)~7日(水)と3月お彼岸用花きの出荷会議が沖縄であり、岡山―那覇を飛行機で行ってきました。沖縄は、2年ぶりで前回行った時は、名護市の海岸沿いのホテルに宿泊し、3日目の午前中時間があいたのでホテル付近の野球場へ日本ハムの合宿練習を見に行くことにしました。球場に入ろうとしたとき横を見ると、私のすぐ横にダルビッシュ選手がいて私と並んで歩いていました。その時の印象は、顔が小さく身長は190cm以上もある大男で、横幅もがっしりしていて「これが人間なら俺は人間じゃない!俺が人間ならこいつは人間じゃない!」と思ったくらいあまりにも姿が違いすぎて同じ人類とは思えず呆れたのを思い出しました。
今回は、昨年2度も大きな台風(最大瞬間風速70m/s)に見舞われ、風害と塩害でキクの定植苗が被害を受けたのを聞いていたので、お彼岸の花が(特に小菊の生育が)ちゃんと出荷してもらえるか心配でした。現地を回ってみると、非常に生育がよく、例年以上に品質の良いものが収穫できそうで安心しました。半年前あれだけ災害に見舞われたにもかかわらず、ここまで生育を回復させていく沖縄生産者の苦労と努力を思うと頭の下がる思いです。「岡山に送っていただいた花はしっかりと大事に販売しなければいけない」という責任感を感じました。3日目は、恩納村のホテルに宿泊し、朝5時に起床して海岸沿い国道58号線を1時間半散歩しました。ブルーというより緑色の海、砂浜を歩けばサンゴが小石のようにいっぱい転がっている。沖縄東シナ海の潮風に吹かれながらの散歩は最高でした。花にかかわる仕事は、人に感動と癒し、季節感を与える仕事です。沖縄のこの自然の恵みを花と一緒に本土の消費者に伝えることができたらどんなに素晴らしいことか。これができたら皆にどれだけ喜んでもらえることか。花を作ったその土地の自然や風土、栽培した人の思い、その植物が本来もっている美しさを皆に伝えていくのがわたしの仕事であると改めて恩納村海岸で感じました。
スポンサーサイト
プロフィール

okayamasogokaki-p

Author:okayamasogokaki-p
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。