スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然の回復力

 私が野山で遊んだ昭和40年前半の頃は、
夏にオニヤンマ、ギンヤンマが飛びまわり、
夏休みにもなると食用ガエルを釣りに早朝家を出ると
夕方遅くまで1人で川や水路を駆け巡り帰らなかったものです。
私の幼少の頃は、今から思うと自然に育てられた様な気がします。
ちょうどその頃、イタイイタイ病など公害問題や農薬問題も
クローズアップされ、食品ではチクロなどの人口甘味料も
問題になり始めた時代でした。
水の汚染やPM2.5大気汚染など問題になっている今の中国と
同じような時でした。
それからしばらくして水田にはヤゴ、ゲンゴロウ、タニシなどの
水生生物が見られなくなってしまいました。
30年ほど前から環境アセスメントや生態学が脚光をあび、
農学を勉強するものはほとんどこの関係の研究をする傾向に
あった様に思います。

 今、国民皆協力しての成果で自然が回復しつつあります。
私は、笠岡湾干拓地に住んでいますが、
朝公園を散歩していると紫や白のすみれが咲き、
天高く雲雀が鳴いています。
また、先日など北の空へ白鳥が3羽飛んで行くのにも出会いました。
11月にはシベリアからタゲリという渡り鳥が毎年飛んで来ます。
夜に車を運転していると自然のキツネと出会うこともよくあります。
鳥獣保護区に指定された土地だからこその自然力回復なのだと
思いますが、それらと出会うと何か感動します。

 昨日私が所属するライオンズクラブで
カブトガニ生息地に貝や穴ジャコを採りに来て
カブトガニの産卵地を破壊する人たちがいるので、
カブトガニ産卵地を保護する啓発運動を行いました。
随行者でカブトガニ保護センターの学芸員の方が
海岸から10mほど離れた所から

「あそこにカブトガニがいます。」

とそっと取り上げた時の写真です。

カブトガニ

 産卵から4年経っているそうです。
古代からの生き物なのですぐには復活しませんが、
毎年自然に見つかる個体数が増えているそうです。
次代を担う子供たちのためにも
自然を大事にしていかなければなりませんね。
関連記事
スポンサーサイト

神様

 私が学生のころある朝寝坊して朝のゼミに遅れた時でした。
小西先生は、
「私に何故遅れたんだ。」
と聞かれた。
私は怒られたと思ってとっさに
「自転車がパンクして空気がなくて自転車に乗って来れず遅刻しました。」
と答えた。
ところが先生は、血相を変えて
「それは表現が間違っている。タイヤには空気がないのではなく入っているのが少なかったのだ。」
と論点がゼミに遅れたことからとんでもない所に飛んでいった。
「とにかく科学者はあいまいな表現はいけない。」
のだろうと思いました。
とにかく論理的に考える先生なのです。
その先生が卒業間際に私たち同級生に神様について言われました。
まさかこの代表的科学者である小西先生の口から
「神様」
について出るとは思いもよりませんでした。
先生は、
「神様は誰にでも公平に3回はチャンスを与えてくれています。
しかしこのチャンスは、自分の前にいつ現れるかわからないからそれを掴む条件はいつももっておきなさい。
その条件とは、資格かもしれないしお金かもしれない。また家族の理解かもしれない。
ニュートンはリンゴが落ちるのを見て万有引力の法則を発見したが実は彼はいつも物体と物体には何か引き合う力があ るのではないかといつも思っていたのだが、公園を散歩している時たまたま目前にリンゴが落ちたのを見て地球も
リンゴも物体であり落ちたように見えているのは実は引き合っているのだと気付いたのだろう。」
 つまり目標を決めたらそれを達成するための条件をいつも身につけときなさい。
と言われたのだろうと今私56歳になってみて明確に覚えてないがこの様に言われたことを思い出しました。
関連記事

科学者

世の中にはいろいろな仕事があります。
ほとんどの仕事には相手があり相手が自分のした仕事を喜んでくれればお金が手に入るようになっています。
この有用性のある行為こそ一般的に仕事として位置づけられるのです。
小西先生は、
「この世の仕事の中で一番いい仕事は研究者です。」
と言われた。
何故かというと研究者と芸術家は相手を気にせずできる仕事だからそう言われたのでしょう。
また私たち教え子にも研究者になってほしかったから言われたのかもしれません。
先生の言葉を借りて言えば
「研究は、興味本位でできる。女風呂をのぞくみたいなものだ。」
といわれた。
まあなんというか的を得た表現で確かに研究や芸術は興味本位でできる先人が入っていない分野に興味本位で茂みを分け入って見るようなものかもしれない。
数少ない人を気にせずできる仕事なのかもしれない。
以前に書いたとおり私たち同級生男6人は残念ながら誰人として研究者にはなれていない。
関連記事

恩師

 昨年末岡山大学農学部の後藤教授から私の恩師である小西国義先生が今年の2月1日に「松下幸之助花の万博記念賞」を受賞されるとの連絡がありました。
小西先生は、南米アルゼンチンの花生産を企業化するのに尽力され国内でもキク、カーネーション生産を近代的花き生産を形づくった方です。
つまり花き生産を趣味生産から1つの産業として発展させた方です。
小西先生の口癖は、実験は「秤と物差しあればできる。」でした。
確かにT検定やF検定などではじめて推計できる結果では農家に直接役に立つ実験とは言えないでしょう。
実験結果が目で見て明らかに差があって初めて農家はその技術を使おうと思うのです。
先生は今の科学者と違い絶えず現場と直結した実験で成果をあげてこられました。
当然研究室でも学生に対しても厳しくある晩に私たち4年生が研究室で酒を戴いていたところ小西先生が急に入ってこられ真っ赤な顔で「君たちは研究者にはなれません!」と一喝されました。
確かに同級生6人いましたが誰一人として研究者にはなれませんでした。
しかし30年以上経ちましたが6人みんなそれなりに花き産業に貢献しています。
 ある日先生が禁煙宣言をされました。
わたしも当時は喫煙をしていましたが突然のことでびっくりしました。
ところが1週間ほどして小西先生の部屋に用事があり入っていくと小西先生が慌てて煙草を消す姿を見てしまい何かやばいものを見た思いと
「先生もやはり人間であった。」
という思いでうれしくなったのを覚えています。
今も私は小西先生に習ったことに感謝をしています。
平成7年(卒業から14年)に私が農林大臣賞を受けた時に先生が送ってくださったハガキです。

hagaki.jpg

いくつになっても先生と生徒ありがたいと思います。
以下何回かに分けて小西先生に教えていただいたことを思い起こし書かせて頂きます。
関連記事

援農

私が学生時代(昭和52~56年)に「援農」ということがありました。
つまり「応用科学である農学を学ぶ者は、そのテーマを農業現場から引き出さなければならない。」ということでした。
私は、この「援農」という言葉を胸に、休みには県北農家へ泊りがけで出かけ農作業を手伝ったのを覚えています。
ハウスを建設し、種播きをし、花を収穫して市場への出荷に農家の方と一緒に夜を徹して軽トラで向かった記憶があります。
農家出身ではない私は、このような経験から「自然の中で働ける」、「地域の担い手として働ける」、「家族一緒に働ける」、「時間が自由に工夫できる」など農業という仕事の魅力を感じ取ることができました。
花市場の仕事に就き、以前から援農に行きたいと思っていたので、思い切って宮崎県日向市に4日間の予定でシキビ農家に行ってみることにしました。
20131226-1.jpg

岡山県から鹿児島県までは新幹線があるため3時間半で行けますが、日向市までは小倉から日豊本線で合計7時間かかり到着しました。
岡山県は、県民の17%が真言宗でシキビを使用する習慣があります。
当社は、年間1億2千万円もシキビ取扱高があり、重要品目のひとつとなっています。
シキビを初めて品種選抜をし、挿し木で増殖し、日向のシキビ産地を作ってこられたMさんを今回訪問し、一緒に作業するなかでシキビの栽培、束の仕方、規格を教えていただきました。
20131226-2.jpg

病害虫は、主に黒シミ斑点病、サビダニの防除で月一回のペースで予防をしています。
年3回新芽が出るようで霜にあたると枯れていきます。
Mさんは、霜被害を防ぐため10月から4月まで新芽が出ない品種を目標選抜しているそうです。

20131226-3.jpg

またシキビは、本数での出荷ではなくg(グラム)での出荷です。
束の仕方には技術が必要で私も2日間作業しましたが、なかなか思ったようにできませんでした。
派手な花ではない仏花なので日向のような大きな産地でも後継者がほとんどなく、Mさんも80歳になり、栽培技術、束技術が伝承されなくなってしまう危険性があります。
またこの援農を通して栽培している方の栽培環境、ご苦労を知った上で販売ができると考えています。
そして、80歳のMさんの「あと10年頑張ってシキビを作りたい。」の言葉に励まされ、私も頑張って仕事に打ち込みたいと改めて感じました。
関連記事
プロフィール

Author:okayamasogokaki-p
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。